新素材クッション・シーコア(C-CORE)を提供する株式会社シーエンジ(C-ENG Co.,LTD)
サイトマップ 利用規約
新素材クッション・シーコア(C-CORE)について
新素材クッション・シーコア(C-CORE)の特長
新素材クッション・シーコア(C-CORE)の拡がる用途
新素材クッション・シーコア(C-CORE)の信頼と実績
その他の商品
Gガード
スピーカーシステム
シーコア(C-CORE)クリーン
株式会社 シーエンジ(C-ENG Co.,LTD)会社概要
シーエンジ(C-ENG Co.,LTD)ご挨拶
シーエンジ(C-ENG Co.,LTD)概況
シーエンジ(C-ENG Co.,LTD)沿革
新素材クッション・シーコア(C-CORE)/シーエンジ(C-ENG Co.,LTD)に関するお問い合わせ
お問い合わせ
アクセス
orange bar
space
space
株式会社シーエンジ(C-ENG Co.,LTD)会社概要ヘッダー
株式会社 シーエンジ(C-ENG Co.,LTD):ご挨拶   株式会社 シーエンジ(C-ENG Co.,LTD):会社の概況   株式会社 シーエンジ(C-ENG Co.,LTD):会社の沿革                
 
ご挨拶

当社は、環境・安全・健康を製品開発の核(CORE)として掲げ、その精神を宿して開発した製品『シーコア(C-CORE)』は、創業以来多くのお客様から信用を頂いてきました。そして、活躍のフィールドはここ数年の間で急速に拡がっております。

あらゆる分野のお客様から絶大な支持を頂き、「新世代商品」として認知され始めています。今後も、豊かな未来へのかけ橋となるような、独創的かつ循環型社会に適した製品の開発・製造を進めていきたいと考えております。

   
ページトップへ戻る
会社の概況
商号   株式会社 シーエンジ
創業   平成11年6月
創立   平成12年4月
代表者   高岡 伸行
資本金   1,000万円
本社所在地   愛知県蒲郡市中央本町14番15号
取引先   三菱商事梶A豊田通商梶A大塚化学
関連会社   潟Vーコア
事業内容   研究開発、商品開発、ライセンスビジネス、製造
製造品目   ・三次元構造体 C-COREの製造ライセンスの使用許諾
・衝撃吸収材「Gガード」製造販売
・リサイクル樹脂用途開発(PET・PP・シュレッダーダスト)
・関連設備エンジニアリング
・押出機設計
 
株式会社シーエンジ(C-ENG Co.,LTD)本社エントランス写真
建築後50年ぶりにリニューアル。シーコア(C-CORE)モニュメントが内部にあります。
ページトップへ戻る
会社の沿革
1999
  リサイクル関連企業との共同開発をはじめ、各種リサイクル関連事業を開始する。
ベット、ソファー用クッションの販売を開始する。
2000
  資本金1,000万円にて株式会社シーエンジを設立。
建築資材(屋上緑化、排水板)の製造販売を開始する。
2001
  衝撃吸収材(シュレッダーダスト)等の製造販売を開始する。
水質浄化用資材の製造を開始する。
2002
  経済産業省委託事業「循環型社会構築促進技術実用化開発補助事業」にて高品質フレーク製造ペットボトルリサイクルシステム開発を行う。

2003

  中部経済産業局委託事業「地域新規産業創造技術開発費補助事業」にて、C-COREの応用開発を行う。
2004
  Gガード(衝撃吸収材)の総製造元・総販売元となる。
C-CORE 医療ベットの販売を開始する。
2005
  独立行政法人産業総合研究所委託事業にて、連続溶融共重合装置により製造された乳酸系樹脂の研究を行う。

2007

  C-COREのライセンスビジネスを開始する。
2010
  C-CORE医療用マットレスを大連にて合弁事業にて製造開始する。
2012
  アメリカ企業とC-COREの製造技術のライセンス契約を締結する。
2013
  ヨーロッパ等にC-CORE製造技術の紹介を行い、ライセンス契約交渉を開始する。
2015
  フランクフルトで開催されるハイムタキスタイル2015にて、製品を展示する。
イギリス企業とC-COREの製造技術のライセンス契約を締結する。
広島東洋カープ・マツダスタジアムにあるシート寝ソベリアのマットレスクッションに採用される。
東レのハイトレルを原料として使用し始める。
新タイプNEO3Dの販売を開始する。
2016
  フランクフルトで開催されるハイムタキスタイル2016にて、製品を展示する。
帝人・Pigeonのプレミアムベビーカーのシートクッションとして採用される。
AiRBUGGYのベビーカーの背面クッションとして採用される。
シェラトンサイゴンホテルのプールサイドのベットマットレスと椅子のクッションに採用される。
トルコ企業とC-COREの製造技術のライセンス契約を締結する。
 
1950年代の押出機出荷風景の写真
1950年代 押出機出荷風景。温度制御はスライダック方式
1960年代のモノフィラメント製造装置の写真
1960年代 当社の母体、押し出し機製造メーカー製造のモノフィラメント製造装置。現在も海外で稼働中の機械です。ロープ、網の糸を製造する機械です。シーコア(C-CORE)テクノロジーの基礎技術です。
1962年の押出機製造風景の写真
1962年 押出機製造風景
ページトップへ戻る
 
TOPシーコア(C-CORE)シーコア(C-CORE)の特長シーコア(C-CORE)の拡がる用途シーコア(C-CORE)の信頼と実績その他の商品Gガードスピーカーシステムシーコア(C-CORE)クリーンシーエンジ(C-ENG.,Ltd)会社概要シーエンジ(C-ENG.,Ltd)ご挨拶シーエンジ(C-ENG.,Ltd)概況シーエンジ(C-ENG.,Ltd)沿革お問い合わせアクセスサイトマップ利用規約

Copyright(C) 2012- C-ENG Co.,LTD All Rights Reserved.
本ウェブサイト内の文章や画像は株式会社シーエンジが著作権を持っており、全ての情報に関して無断転載を禁じます。